モバイルWiFiルーターの基本情報やアクセスポイントの違いについて

屋外でも高速なインターネット環境を確保するうえで欠かせないのが「モバイルWiFiルーター」です。

近年はテレビCMでもよく見かけるようになりましたので、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、まだまだ「具体的にどういったものなのか」「どのように選べばよいのか」などについては知らない方がほとんどです。

そこで、今回はモバイルWiFiルーターとは何なのか、メリットやデメリット、速度についてなど基本的に知っておいてほしいことを詳しくご紹介します。

おまけでよく誤解される「アクセスポイント」についての紹介と違いを紹介するので、ぜひ確認してみてください。

モバイルWiFiルーターとは、通信端末の一つで、持ち運びを想定した機器です。

一般家庭で使用されることが多い「置き型タイプ」と比べるとモバイルWiFiは小型な手のひらサイズであるうえに、軽量ですのでどこでにでも持ち歩けます。

スマホはもちろんのこと、ゲーム機やパソコン、タブレットなどのWiFi機器として活用することができ、いつでもどこでも快適なインターネットが楽しめるのです。

モバイルWiFiルーターは、主に通信キャリアが提供していて、月額制での利用が一般的。しかし、通信キャリアによっては割引キャンペーンなどによって端末料金が実質無料となることがあるので、低価格でモバイルWiFiルーターを使用できます。

モバイルWiFiルーターの選び方

モバイルWiFiルーターを選ぶ際には、自分のライフスタイルに合わせて検討する必要があります。

一口にモバイルWiFiと言っても、様々な機器が展開されていますのでどれを選んだら良いのか迷ってしまうでしょう。

しかし、契約先によって「費用」「対応エリア」「1ヶ月のデータ通信上限」などが異なります。どこで使用するのか、どれくらい使用するのか、予算はどれくらいなのかなど、自分のライフスタイルをイメージして照らし合わせてみましょう。

メリットとデメリットを紹介するので、自分にモバイルWiFiルーターがあっているかどうか確認してみるのもいいと思います。

モバイルWiFiルーターのメリット

モバイルWiFiには様々なメリットがあります。

ここからは、具体的なメリットについてご紹介しますので、使用を検討している方は参考にしてみてください。

どこでも快適なインターネット環境を整えられる

モバイルWiFiは、持ち運びが簡単!どこでも快適なインターネット環境を整えることができます。

そもそもモバイルWiFiルーターは持ち運びを前提としたルーターですので、バッグやポケットなどに入れやすく、荷物が増える心配もありません。また、近年のWiFiルーターは電車内や新幹線内などでも電波がしっかりと届きますので、移動時間にインターネットを楽しみたい方にもおすすめです。

モバイルWiFiルーターなら、屋内外いずれも高速な通信速度を実現しますので、スマホのヘビーユーザーでも満足できるでしょう。

スマホの通信制限の心配がない

モバイルWiFiルーターを活用すれば、スマホの通信制限の心配がありません。

スマホは、一定の通信料を超過すると一気に通信速度が低下してしまいます。そうなってしまうとインターネットをサクサク楽しむことができなくなりますので、ストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、モバイルWiFiルーターを活用することで、スマホ本体の通信量が増えることがありません。どれだけインターネットや動画を楽しんでも、スマホの通信制限に悩まされなくなるのです。

頻繁に通信制限に悩まされている方であれば、モバイルWiFiルーターの活用を検討したほうが良いでしょう。

複数台の端末を同時に接続できる

モバイルWiFiルーターには、1台のルーターにつき、複数台の端末を同時に接続できるといったメリットがあります。

例えば、外出先で作業のためにスマホとパソコンを同時に使用したいとき、それぞれを1台のWiFiルーターに接続することで、いずれもインターネットを使うことができるようになるのです。

外出先の周辺にWiFiが完備されたスポットがなくても作業を行えますので、カフェや公園・公共交通機関などで仕事や趣味に没頭できます。

外出先で仕事をすることが多い方や、自宅以外で趣味などの作業をしたいと考えている方であれば、モバイルWiFiルーターは必須です。

工事が不要

一般的に住宅で使用されるWiFiルーターとは異なり、モバイルWiFiルーターは工事が必要ありません。そのため、手元に届いた瞬間からWiFiに接続できるのです。

「工事が面倒…」と感じている方にとって、工事不要といった点は大きなメリットなのではないでしょうか。

ちなみに、モバイルWiFiルーターは外出先で使用するケースがほとんどですが、もちろん自宅で使うこともできます。

モバイルWiFiルーターを「自宅用」として入手することもおすすめです。

モバイルWiFiルーターのデメリット

それでは逆に、モバイルWiFiルーターのデメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

荷物になることがある

モバイルルーターは外に持ち運ぶ際にかさばりやすく、特にサイズや重量のあるものは荷物になってしまう可能性があります

持ち運びの頻度が多い場合は契約前にいくつかの端末を比較し、コンパクトなモバイルWiFiルーターを契約してください。

接続が不安定になる場合も

使用する環境によっては、接続状況が不安定になることがあります

これは回線が混雑していたり電波を受信しにくい場所にいる時に起こりやすく、混雑した場所や災害発生時は特に顕著になります。

対策方法として、モバイルWiFiルーターは受信感度の高い端末を選び WiMAX 2+や5G回線など、高速通信が可能なエリアの中で使用するようにしてください。

モバイルWiFiルーターの使い方

モバイルWiFiルーターは、充電してから電源を入れ、「SSID」と「パスワード」をスマホやパソコンなどに入力すればすぐに使えます。

充電方法は付属のアダプタを使用するだけですので、難しい手間はありません。また、電源ボタンも分かりやすい位置にあり、操作も「押すだけ」「スライドさせるだけ」などシンプルですので簡単です。

なお、モバイルWiFiルーターのSSIDとパスワードについては、スマホやパソコン側で街頭するネットワークを探して入力すれば終了です。

WiFiルーターの速度って?目安はある?

回線速度は「bps」という単位で表されます。これはビットパーセカンド(1秒あたりのビット数)という意味で、一般的なモバイルWiFiルーターでは440Mbps前後が平均的な速度として表示されています。

ただしこの数字は、回線事業者が理論的に可能としているベストエフォート値(最大限に努力した速度)となります。実測値としては70Mbps程度が目安ですが、かつて主流だったADSL(デジタル加入者線の一種)の最大速度である50Mbpsを上回っており、十分に快適な通信が行える速度といえるでしょう。

Zoomなどの動画チャットサービスを使うためには、最低でも30Mbps以上が必要とされていますが、70Mbpsが出せれば問題なく通信が行えます。

しかし、4Kの高画質動画やオンラインゲームはデータ量が多いため、より高速の通信に対応している端末を選ぶ必要があります。

WiFiルーターの違いでネット速度は変わる?

平均的な速度は知ることができたと思いますが、WiFiルーターの品質によって回線速度は変わるのでしょうか。

結論としてお伝えすると、WiFiルーターの端末の品質に応じて速度は変化します

もちろん通信機器や回線の種類、回線の混雑状況などによって通信速度に影響を受けますが、高品質なものを選べば回線速度はよくなるでしょう。

 

例えば、ELECOMから発売されているIPv6対応のルーター「WRC-1167GST2」は、5GHz帯で867Mbps・2.4GHz帯では300Mbpsの高速通信が可能となっています。

実際の検証結果(実測値)は、都内のマンションで下り速度61Mbps・上り速度46Mbpsだったものが、上位モデルの「WRC-X3000GS」では下り速度122Mbps・上り速度140Mbpsとほぼ2倍の値となりました。

知っておきたいWiFiのアクセスポイントとルーターの違い

最後におまけとして、「アクセスポイント」に関しても紹介します。

アクセスポイントとは、ノートパソコンやスマートフォンゲーム機などを無線通信でインターネットに接続するための、無線機の一種です。

WiFiの電波をキャッチしてほかの無線端末と相互に繋いだり、有線LANなどのネットワークに繋ぐ機能がありますが、単体でインターネットに繋ぐことはできません。

アクセスポイントとしての機能を搭載した据え置き型ルーター・モバイルルーターは「WiFiルーター(無線LANルーター)」と呼ばれ、1台でアクセスポイントとして機能します。

また、街中や公共施設、店舗や商業施設では誰でも無料で使用できるアクセスポイントが存在し「無料WiFiスポット」「フリーWiFiスポット」「ホットスポット」などと呼ばれています。

ルーターとの違い

先ほども紹介しましたが、ルーターとは外部のインターネットと家庭の中に引き込まれているLANを仲介し、通信機器をインターネットに接続する機械です。

ルーターそのものはインターネットに機器を繋ぐものですが、そこにアクセスポイントの機能をもたせたものが「WiFiルーター(無線LANルーター)」となります。

企業など、一度に多くの機器を繋ぐ環境では広範囲に電波を発信しなければならないため、1台のルーターに複数のアクセスポイントが必要になります。

そのため、ルーターとアクセスポイントを別の機器に分けて導入するなどの工夫が行われています。

モバイルWiFiルーターをより詳しく知って自分に合ったものを選ぼう!

モバイルWiFiルーターについて、知っておいてほしい基本的なことを詳しく紹介しました。

 

モバイルWiFiルーターは、5GやWiMAX2+などの高速通信にも対応できるよう、アップデートされたモデルが販売されています。

自分にモバイルWiFiルーターがあっているかどうか見極めるとともに、もし使うならできるだけ快適に使えるよう回線速度が高いルーターを選択することをおすすめします。

 

私がおすすめしているモバイルWiFiは以下リンク先で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

モバイルWiFiをランキング順に確認したい方はこちらへどうぞ

モバイルWiFiランキングTOP3

おすすめ3サービスを比較表にまとめました!

①限界突破WiFi

総合おすすめ度
端末代金
月額費用
容量制限

管理人からひとこと

容量無制限でネットが使い放題!月額料金3,500円で、端末代金は完全無料。海外利用もOK。「クラウドSIMテクノロジー」によりドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアネットワークに自動で接続しスピードも抜群(^^)

②どんなときもWiFi

総合おすすめ度
端末代金
月額費用
容量制限

管理人からひとこと

クラウドwifi技術により、どこでも快適に通信可能!月額料金は3,480円で、データ容量無制限。無料でレンタルできるスタイリッシュな端末は、わずか151gと軽量。海外でもそのまま利用OK。

③縛りなしWiFi

総合おすすめ度
端末代金
月額費用
容量制限

管理人からひとこと

容量無制限でネットが使い放題!月額料金3,500円で、端末代金は完全無料。海外利用もOK。「クラウドSIMテクノロジー」によりドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアネットワークに自動で接続しスピードも抜群(^^)

おすすめの記事